スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩人 2011年01月31日 CAMERA コメント:3

L1050893 のコピー

今迄も沢山の方々や「カメラ達」にお世話になって来ました

Leica MANUALの著者 *故 浦郷喜久男氏宅で毎晩カメラ談義をさせて頂いてた時期があります

その時拝見させて頂いた「Voigtlander ベルクハイル」の無駄の無い緻密で精巧な造り

ニッケルメッキされた各パーツの美しさやエナメルペイントの光沢の深さ

更にはグリーンの皮張りボディに赤い蛇腹と何処迄も拘ったメーカーの「お洒落感」に…

当時市場でメジャーな存在だったZeiss系カメラの簡素な造りとの違いで一目惚れしました

 

数年探して幸運にも同じ物の極上品を入手する事が出来、更に一年後には

ラダー社のロールフィルムホルダーも加わりました。

その時のボディに付いていたのが「Heliar 105/4.5」です

期待もせずにボディテストのつもりで自宅周辺を数本撮影しましたが

そのヘリアーの「優しい描写」に又魅了されオールドフォクトレンダーファンになった次第です

同年代のZeissやLeicaのレンズ…また最近のライセンス契約で作られている

コシナ社の製品とは違う「個性」の強い時代のカメラやレンズ達です

 

スポンサーサイト

作品展 2011年01月29日 HITORIYOGARI コメント:0

L1060146 のコピー

モノクロ、カラー共デジタル処理や敢えてアナログ処理されたものと多様ですが

厳しい教授の指導の為かクオリティーの高い作品が多数展示されていました

若い方の作品は「各種のおどろき」を見せて頂けるので大好きです

今後も写真を長く続けて欲しいと思います

 

年の数だけ 2011年01月27日 HITORIYOGARI コメント:2

img054 のコピー

博多の総鎮守 櫛田神社に例年通り「お多福面」が飾られ節分祭が始まっている

大きく開いたお多福面の口から入って参拝すると「福が舞い込む」と言われています

 

親父と共に豆まきをさせて頂く幸運に預かった日の事は良い想い出として残っています

この豆まき以来私も福を授かっているのかも知れません

 

LEICA便 2011年01月25日 HITORIYOGARI コメント:0

img044 のコピー

 私は無精者です

筆無精です、手紙はおろか年賀状、暑中、残暑見舞いすら出した事が有りません

今日親父へのお見舞いのお葉書を頂戴しました

寒い冬の日に届いた一枚のはがき

読み進むと頂いた方のお顔が浮かび同時に暖かい気持ちにさせられます

メールの時代、細やかなお心遣いと優しさに感謝です

有り難うございました

 

私には何よりの絵柄です

 

初顔 2011年01月24日 SHOKU コメント:0

L1050981 のコピー

初めてお邪魔しました

大丸百貨店地下2階の「MAISON KAYSER PARIS」

何時ものお店で何時の商品を購入してお買い物は済んでいたのですが…

お店の一番前のかごが気になり

「バケット モンジュ」 ?294(税込み)を一本のみ購入して帰りました

焼き加減もハードで香りが非常に強く美味しいバケットでした

 

お隣にはスベンスカさんが仕切りも無く入ってて、好みが分かれる所でしょうか

 

A級 2011年01月23日 SHOKU コメント:6

L1060118 のコピー

atsuko.fさんが今年2度目の出張から戻り土産を買って来ました

群馬県高崎市で創業110年を迎える老舗パティスリークリエーションガトーフェスタ ハラダと言う

会社のガトーラスク「グーテ・デ・ロワ」(王様のおやつ)と言う物で…

銀座 松屋デパート地下食品売り場に長蛇の列が出来て結構なお値段がするそうですが

一人何袋も購入されている大人気商品だそうです

 

ラスク好きの私の為にわざわざ並んで迄…購入してくれた事には感謝しますが…

売れ残った前日のフランスパンを使って作った安いラスクを買ってエスカルゴバターか

パテを塗った様な食べ方の「B級」な(おやじのおやつ)の方が私の口には合ってる様です

 

写真家 2011年01月22日 HITORIYOGARI コメント:2

img043+のコピー_convert_20110626231715

日本の写真史の基礎を築いた大正、昭和初期生まれの写真家諸氏は研鑽を積まれ長年の錬磨の結果

素晴らしい作品を現代に残すと共に手法などの小手先の技術だけでなく

思想迄もが…後継者へ受け継がれています

 

福岡県立美術館所蔵のコレクションから選び抜かれ福岡在住で没後5年になる

企画展「写真家・片山攝三の目 芸術家の肖像を中心に」へ行ってみました

営業写真家の道へ進んだ片山攝三氏がライフワークとして愛用のライカで撮影した

モノクロームによる約80点の画家、彫刻家、作家などの「個性」を

過度の演出なども無く日常の自然な風姿を静かな肖像写真として捉えていました

(坂本繁二郎、高島野十郎、武者小路実篤、志賀直哉、梅原龍三郎、東郷青児、小磯良平

東山魁夷、白洲正子など超一流の芸術家ばかり…愛用のライカも幸せだった事でしょう)

 

1967年九州産業大学芸術学部写真学科教授に就任、1992年に退任されています

 

Hawaii 2011年01月20日 HITORIYOGARI コメント:2

img041+のコピー_convert_20110627232010

SKYWARD 1月号に2007年木村伊兵衛賞を受賞され「一躍脚光」を浴び今では多忙な写真家として

活躍されている梅佳代さんの4泊6日のハワイ旅行記が12ページに渡り特集されています

私も1977年に一度だけ行きましたが当時は1$?360円、ツアー代金も?300.000円前後と高額で

20代前半の「若造」がちょこちょこ遊びに行くのは贅沢な時代でした

現在は費用も安価になって来ていますし一部を除き世界中何処へでも安全なツアーが用意され

それに伴う情報も豊富に得られる様になっています

 

若い方はどんどん諸外国へ出て広い視野を身につけられ正確な判断力で自分の将来を

見つけて欲しいと思います

 

shampoo 2011年01月19日 HITORIYOGARI コメント:0

L1060094 のコピー

彼ら(アッシュ、ジル、ルイ君)は望んでいないのでしょうが…

人間のエゴで美容室へ連れて行かれシャンプー、カットで綺麗になり新年を迎えました

昼間は陽の当たるクッションか毛布の上、夜はお布団の中と「童謡」の歌詞とは大きく違い

喧嘩してるかと思えば…次の瞬間には暖かい所で寄り添って眠っています

 

この子達のお陰でどれだけ癒されている事か…「いつまでも元気でいて欲しい」と思っています

 

洗車 2011年01月18日 HITORIYOGARI コメント:3

L1060002+のコピー_convert_20110627001924

今年の冬は例年になくお天気の悪い日が多い

年末に洗車して綺麗な車で新年を迎えようと思っていたが…

年始も「雨、雪、強風…」と悪天候が続くとの長期予報を聞き「それを理由に」サボってて…

今日になってしまいました

汚れが目立たない為にシルバーにした訳では有りませんが…

白、黒の車よりは「楽」をさせて貰っています

 

年を取ると…「身の回り」を「見掛だけ」でも綺麗にしておきたいと心掛けます

*中身が伴わないので…

 

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。