スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粋なもんです 2012年03月31日 HITORIYOGARI コメント:0

L1010300+のコピー_convert_20120331004812

1974年初版本「木村伊兵衛写真集 パリ のら社刊」

1954年に初めてパリに渡りその後1955年1960年と撮影された絵画的な天然色のカラー写真を編集した名作集です

*撮影機材はLeica M3とNikon S型、フィルムはFujichrome ASA10、Fujinegative ASA32と後がきに記してます


もう1冊は「のら社の復刻版」では有りますが…現代の技術で当時の色調を再現しようと試みた名本

2006年7月初版「木村伊兵衛写真集 パリ 朝日新聞社刊」です

2冊を見比べ印刷の違いや編集の違いは有りますが「憧れの地」へ思いを馳せています


少し前になりますが某国営放送局の「日曜美術館」で緒川たまきさんと千住 明さんの2人が

木村伊兵衛が残したカットと同じ絵作りを現在の名機 Leica X1を使い

パリの街を歩くと言う企画番組をやっていたのを楽しく観ました

さすがに木村伊兵衛が見た景色とは変わってしまっている様ですが「憧れの地」は何時見ても素敵です


スポンサーサイト

読書家 2012年03月30日 HITORIYOGARI コメント:2

L1110672 のコピー

知人に読書好きな方がいます

「本を読みながら眠りにつく…」なんて優雅な時の過ごし方でしょう

日常生活の中に「読書」がきっちりと入り込んでいて本当に本が好きなんだと伺い知る事が出来ます


優雅とはかけ離れたものですが私も写真関係とカメラ関係の本は多種購入して読んでいた時期があります

趣味人の真似事も大好きですので車や時計、趣向品等の本も新刊が届く日を楽しみにしていた時期も有りました

この手の本を読む事を「読書」と言うかどうかは疑問ですが…現在は殆ど読まなくなりました

理由は老眼で長時間字を見ていられない事と上記の本達は内容が繰り返され欲しい情報が得られないから…

現在年間契約して読んでいるのは「LEICA FOTOGRAFIE INTERNATIONAL」一誌だけです


読書好きの友人の様に雑誌を含め文学、小説、教養本、コミック誌等を読まないので元来「本好き」では無い事を

老眼や編集者のせいにしているだけなのかも知れません…


GOLD 2012年03月29日 HITORIYOGARI コメント:1

L1110474 のコピー

予報より2日早く桜の開花宣言がされましたが見頃迄は一週間以上は有りそうです

桜の様に開花宣言もお花見もされない花ですが…

「菜の花」も負けないくらい綺麗に咲いています

夕日に照らされ素敵に輝いていましたが写真が下手で「yellow」ですね


信頼 2012年03月27日 HITORIYOGARI コメント:0

L1110183+のコピー_convert_20120327224941

L1090062 のコピー

2002年3月に新車登録した車に乗っています

今月でちょうど10年走行距離も77.070kmを迎えYANASEに点検に出していました

写真とは違い「失敗に舌を出して」済む事ではないので普段から気になればアドバイザーに見て頂いています

車業界も営業方針的に6年目で「査定¥0円」5年目で乗り換えて行くのが一番良いと言われていますが…

貧乏人にはとても出来る事では有りませんし「古さ」に愛着も感じます

デジタルカメラよりは消費期限が長いと思っていますので「愛車」のランニングコストには眼をつぶっています


予想… 2012年03月23日 CAMERA コメント:2

L1010343 のコピー

日本気象協会が今年の桜の開花予報を3月29日と発表した福岡ですが…雨天の中で桜のつぼみが膨らんできました


秋のフォトキナ迄は少し間が有りますが…何時もお邪魔するライカオーナー宅で久しぶりに話し込んできました

今回のフォトキナでLeica M10の発表が有るかどうかは疑問ですが…

「限定品」で在庫処分(失礼ですね)的な2色(GrayとBlue)の「Leica M9 HERMES Edition」

Leica X1が既にディスコンになっていますので後継機種の「Leica X2」

Leica社も参入しなくてはならない「ミラーレス一眼レフレックスカメラ」システム

前々から話題化されながら実施されてない「Leica Summicron-M f 2.0/50mm」のASPH化

モノクロセンサーを搭載した「Leica M型カメラ」

高額なLeica S2 system の普及と「New Lens」今後のシステム化等々…


まだ「噂」の段階で楽しいお茶飲み話のネタでしか有りませんが…

十分に想像は出来ますし「火の無い所に煙は立たぬ」とも言われます…全ては乞うご期待と言う事です


Leica-M9-P-white-limited-edition.jpeg

50台限定発売! Leica M9-P+Silver Noctilux-M f 0.95/50mm White Limited Edition ¥2.620.000円

こちらは既に発表になっています


ぱんや 東條 2012年03月21日 SHOKU コメント:2

L1110213+のコピー_convert_20120321222653

近所に友人のスタジオが有る関係でたまに寄りますが時間によってはパンの種類が少ない時が有ります

すでに人気のパン屋さんの仲間入りをしたと言う事でしょうか…

この一角にはイタリア料理店/ベトナム料理店/アンティークショップ/雑貨屋など異業種のお店が点在して

楽しい一角ですが…

何時も人通りは少なく「口コミ」勝負って感じる場所です


KUMAMOTO 2012年03月19日 SHOKU コメント:2

L1070675+のコピー_convert_20120319011132

大好きな街の一つが「熊本」です

用事が無くても年に数回は足を運びます

写真展観覧の後、熊本で好きなお店は数軒有りますが…今回のランチは「洋食の橋本」さんにしました

まだ3回目の訪問ですが…ご主人も写真がご趣味だった(過去形)ので共通の友人の話などで親しくなりました

残念ですがデジタル時代になってご自分が求める楽しさが無くなったと言われます

お世辞にもこの日持参していたライカを見て…

「欲しかったけど買えなかった」のでKONICA HEXARを愛用していたと楽しそうに話をされます

謙遜の言葉の中にも「昔気質」の一面を覗かせて頂き…また次の機会にお邪魔する楽しみが膨らみました


*ビーフカツレツの「レア感」が私にはちょうど良く最高に美味いです


グループ展 2012年03月18日 HITORIYOGARI コメント:0

L1110330 のコピー

友人が出展してる事も有り熊本県立美術館で開催されている「日本風景写真協会 熊本支部 写真展」を観に行って来ました

風景写真は美しい風景を美しく撮っただけではつまらない物です

作者の心情を盛り込み、表現されてこそ優れた写真として観る者に感銘を与えます

じっくりと観察した上での画面構成、自然光の処理を経て表現意図に基づき独自のイメージに近づける為の露出決定まで…

そして何より的確な機材を準備して目的地へ何度も通い自分のイメージを膨らませ最終的に仕上げる迄の労力を考えると

その難しさを再認識させられる一日となりました


誘惑 2012年03月17日 HITORIYOGARI コメント:0

img142_convert_20120317162826.jpg

断捨離を口にしてまだ数日…「何時ものお誘いカタログ」が届きました

モデルさんが着るから素敵なんです…「十分に判っています」

汗嫌い…夏大嫌いの私に贅肉を隠し偽りを演出する服など必要無い事も…「十二分に判っています!」


「見に行くだけにしましょう…」


dunhill 2012年03月16日 HITORIYOGARI コメント:2

L1100664 のコピー

好奇心だけで始めた喫煙…

止めて20年が経過していますが最後の数年間は「パイプ派」で香りを楽しんでいました

まずは道具を揃えなければいけませんが…地元には良いお店が有りません

「銀座 菊水」へ行き必要な物を全て購入しました

田舎者の若輩に対して丁寧な接客とお店の雰囲気が「大人の嗜好品だ」と感じた事を覚えています


今でも思い出した様にパイプをくわえて「残り香」を懐かしんでいますが…これも「断捨離」の候補ですね


 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。