スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨予報 2012年08月31日 HITORIYOGARI コメント:0

L1130319 のコピー

関東では雨が降らず水不足が懸念されていますが…毎日の様に「突然の雨」です

一雨ごとに秋に近づいている様です


スポンサーサイト

雲行き 2012年08月30日 HITORIYOGARI コメント:0

L1130276 のコピー

2008年より開催されていなかった日朝首脳会議が再開されるかも知れません…

政局事情で精一杯の先生方は自身に振り掛かる火の粉を払う事に精一杯の毎日です

今後の日米は無論…日中、日韓、日朝など諸外国との外交問題等々…日本の将来の雲行きは如何なものでしょう


化身 2012年08月29日 HITORIYOGARI コメント:2

L1060696 のコピー

糸島市桜井に有る「桜井神社」…

10月18日の流鏑馬神事や祭事の時期には賑わいを見せるが普段は人影もなく静かな時が流れています

隣接する大神宮は伊勢神宮の内宮と外宮を一体化した社殿で

拝殿前に有る鳥居は伊勢神宮より譲り受けたものだそうです

年に一度程度しか参拝しませんが…何時も心洗われる所です


キス・キス・KISS 2012年08月28日 HITORIYOGARI コメント:0

L1130240 のコピー のコピー

L1130244 のコピー

L1130262 のコピー のコピー
Le Baiser de l'hôtel de ville, 1950年

山口県立美術館で開催されていたロベール・ドアノー展が終わりました

街(待ち)の写真家ドアノーは…

撮影する場所を決めるとその場所から動く事なく、偶然の奇跡の瞬間を待つのが彼の撮影スタイルです


「心の中が驚きで満たされる瞬間をじっと待つのだ…
 
 3時間も同じ場所にじっとしていれば、色んな事が起る」と言っています


最も有名で後日のオークションで約2200万円で落札された「市庁舎前のキス」は演出したものですが…

ドアノーの写真は、活気に満ちた作品に仕上がっているものが多い印象を受けます

その要因の一つには彼が愛用していた機材Rolleiflexによる事が大きいのではないかと思います

二眼レフは撮る対象を直接見なくて良い事と操作上少しの「間」を要する為に

シャイだった彼の性格に合っていたのではないかと…


また今回の生誕100年記念写真展は「アトリエ・ロベール・ドアノー」の協力でプリントされたものですが…

ドアノー自身の手によるプリントではないか?…と仮想させる作品も数点見る事が出来ました


合掌 2012年08月27日 HITORIYOGARI コメント:0

PAR148921+のコピー_convert_20120826230922
The photographer Martine FRANCK.in1979年

8月16日に74歳でマルティーヌ・フランクが亡くなりました


PAR96787 のコピー
Henri CARTIER-BRESSON. 1976.

PAR31651 のコピー
FRANCE. Provence. Town of Le Brusc. Pool designed by Alain CAPEILLERES. 1976.

PAR119434 のコピー
French photographer Henri CARTIER-BRESSON and his daughter Mélanie.

写真家としてより「アンリ・カルティエ・ブレッソン夫人」としての方が知られている彼女です

2010年9月銀座のシャネル・ネクサス・ホールで開かれた写真展「 In Celebration of Women 麗しき女性たち」は

上京日が数日外れた為に観れなかった事を今でも残念に思っていますが…

ライカ銀座店2階ギャラリーや何必館・京都現代美術館で観た彼女の優しい眼差しで撮られた

素敵な写真の数々を思い出します


PAR120066+のコピー_convert_20120826230957
The photographer Martine FRANCK. 撮影Henri CARTIER-BRESSON

天国でブレッソンと2人で撮影を楽しんでいる事でしょう

「合掌」


酷暑 2012年08月26日 HITORIYOGARI コメント:0

L1031015+のコピー_convert_20120826004647
Leica M8.2+summilux-M f1.4/35mm first version f8

まだ毎日の様に気温30数度の声を聞いています…街を歩くと暑さで目がくらみそうです


シリーズ化進行中 2012年08月25日 CAMERA コメント:0

fuji_x_compact_f1.jpg

fuji_x_compact_b1.jpg

fuji_xe1_f2.jpg

本日「LEICA M-MONOCHROM」が発売になりました!

予想通り入荷台数が少ない上「検品不良機」が出た事も有り残念ですが…一巡目での入手は叶いませんでした


国内では富士フィルムが元気です!

富士フィルムのXシリーズのコンパクトモデル「XP-1 w/25~100mm/f1.8~4.9付」と

X-Pro1の廉価版「X−E1+XF18~55mm/f2.8~4.0 R OIS」の情報が出ていました

また新型センサーを搭載し指摘されていたAFの問題を解消した「X-Pro2」を発表かも…?との噂も流れている様です


MADE IN … 2012年08月24日 HITORIYOGARI コメント:0

_DSC0103 のコピー

製品の歴史や性能やデザイン性等…詳しい事は判らないけどBRAND力?…「何となく」…


世界的な意識としてドイツ、フランス、イタリア製が大好き…アメリカ、イギリス製等が好きで…

中国、韓国、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン製等のアジア諸国製は嫌いって方々が多くいる事も事実です

先日ある雑誌にアジアの全ての国民は欧米製、ヨーロッパ諸国製が好きだと言う事が記載されていました

巨大なクルーズ客船が着き…観光バス70余台で市内観光や買い物ツアーを数時間で行う弾丸ツアー客が目に付きます

「あの時」の日本もそうだった様に…世界経済を牽引し始めても…

心の中の憧れや既成概念までを変換させるには意識改革ともう少しの時間が必要な様です


喜ばしい事に…世界的に「MADE IN JAPAN」を嫌いな国民はいないとも記載されていました


Cube 2012年08月23日 HITORIYOGARI コメント:4

L1031180+のコピー_convert_20120823183523
Leica M8.2+summilux-M f1.4/35mm ASPHERICAL f5.6


被写体として「美味しそうな物」を見つけました

暗い夜道では…よく写るレンズと「変なオヤジ」には気を付けましょう


日陰の華 2012年08月22日 HITORIYOGARI コメント:0

L1031136 のコピー
Leica M8.2+summilux-M f1.4/35mm first version f4


少しでも日陰を選んで歩きます

先日アップした「名も知らぬ花」はヒメジョオン(姫女菀)って花だそうです…

詳しい方が教えてくれましたので調べてみました…花言葉は「素朴で清楚」

同属のハルジオン(春紫菀)と共に道端でよく見かける「雑草」と有り…こちらの花言葉は「追想の愛」です

素敵でしょう!


日陰の花にも元気を貰っています


 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。