FC2ブログ

スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再建 2012年01月21日 HITORIYOGARI コメント:4

L1100011 のコピー

イーストマン・コダック社が米連邦破産法の適用となった様です

当面は繋ぎ融資を受け通常通りの業務を続けながら保有特許の売却等を進めると報道されています

130年余りの歴史を持ち写真業界を築き常にリードして来た世界NO.1の大企業が銀塩の激しい衰退と

企業として方向性の見誤りで誰もが考えなかった事が現実として起ころうとしています


KodachromeやTri-X/D-76に憧れ…

グリーンの箱を抱える学生達の中「黄色い箱」を小脇に抱えて粋がっていた学生時代を過ごした世代としては

今後もコダック社には元気であって欲しいと切望せざるを得ません


コメント

良い企業の支援を受けて今後も良いものを作り続けて欲しいですね。
  1. 2012/01/21(土) 20:00:53 |
  2. URL |
  3. さと #tQ725RIE
  4. [ 編集 ]
leica-egoisteさん こんばんは

ポール・サイモンの「コダクロームのフィルムにナイコンのカメラ」という感じの楽曲が
その時代の雰囲気を感じさせるでしょうか。

また、Tri-Xの高感度に憧れていた気がします。

感光材料から写真装置までという総合メーカーの栄枯盛衰は
歴史の必然でしょうか。
  1. 2012/01/21(土) 22:22:00 |
  2. URL |
  3. lhsa28mm #-
  4. [ 編集 ]
lhsa28mmさん 今晩は!

何時もコメント有り難うございます
一時期でも業界にいた者として…1990年位から「一部」でデジタルカメラと言う名前を聞き始めましたが…
当時「フィルム」と比較して現在を想像した現場のカメラマンはいなかった様に思いますし
「使い物」にならないと豪語されていた記事や専門家の話を鮮明に覚えています
この事は「オートフォーカス一眼レフ」が発表された時にも同じ事が言えますね!

130年掛かって光学メーカーが完成させた事が電気機器メーカーの参入により
20余年で違った物へと変化しながら今後も進化して行く事でしょう
これは「光学メーカー」と「電気機器メーカー」との企業方向性の違いがもたらせた事でしょうし…
ここにコダックの悲劇が存在するのかも知れません

*化粧品に目をつけた「富士フィルムの奇跡」も見逃してはいけないと思います
  1. 2012/01/22(日) 00:32:10 |
  2. URL |
  3. leica-egoiste #-
  4. [ 編集 ]
さとさん 今晩は!

何時もコメント有り難うございます
フランス旅行楽しかった様ですね!
羨ましくTwitterを拝見していました!

日本人は多数が一方向を向くと「全員」が向いてしまう傾向が強いですね
欧米やヨーロッパではまだモノクロやアナログの「愛用者」が多いので私達世代では
フィルムが無くなる事は無いと確信していますが次世代はどうでしょう…?

「愛用者が減らない事」が残る為の最大の応援になるのかも知れませんね!
  1. 2012/01/22(日) 00:44:41 |
  2. URL |
  3. leica-egoiste #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。